You are here: Home » 栃木県 » ニューセントアンドリュース ゴルフクラブ・ジャパン

ニューセントアンドリュース ゴルフクラブ・ジャパン

ニューセントアンドリュース ゴルフクラブ・ジャパンを予約

ゴルフ場 予約カレンダー

コースガイド

<コース紹介>

Oldコース・・・St.Andrewsより設計監修プロジェクトチームを招き、スコティシュスタイルを忠実に再現いたしました。

No.2「罪の谷」※聖地オールドコース18番の再現ホール
No.7「スウェルケン・ブリッジ」※オールドコース18番と同じ昔の工法により造りました。
No.8「トミーバンカー」※オールドコース17番「ナカジマ・バンカ-」

Newコース・・・J.ニクラス&D.ミュアヘッドの設計。後に難し過ぎたとニクラスが発言。国内有数の難易度を誇ります。

No.14「事件」※難易度の高さにより、オープン時には最高16組待ち事件も起きたPar3。
No.16「選出」※シャフトメーカーGRAFALLOYが夢のコース作成時に日本から選出されました。
No.18「勝利」※トム・ワイスコフ氏が「このホールを4日間Parで上がればトーナメントに勝てる」と発言。

【冬季営業のご案内】
冬季のOLDコース営業はコンディション(路面凍結等)により
クローズとさせていただく場合がございますのでプレー予約
コースは原則、NEWコース(OUT⇔IN)のご案内とさせていただきます。

※コースの指定は不可、当日のコースメンテナンス・進行状況により
 変更になる可能性があります。ご理解・ご了承をお願いいたします。

【日没についてのご案内】
 当日のプレー進行状況によっては、危険防止のため、
 日没の際は止むを得なくプレーを終了させていただきます。
 日没に際しての返金等は一切いたしませんので、予めご了承ください。

☆冬季限定特典☆【土日祝日限定】
 冬場限定でご来場者に嬉しい特典が付いてきます!
 冬の寒さを吹き飛ばすサービス満載でお待ちしておりますので
 是非お誘い併せの上ご来場下さい!

【あったかいお飲み物サービス】
男性・女性問わず、ご来場者の皆様に、朝スタート前にマスター室にて
温かいお飲み物をサービスしております♪

【ほかほか焼き芋プレゼント】※女性限定
同じく同期間、女性のご来場者様皆様にプレー後に焼き芋をプレゼントします!

※上記サービスは予告無く変更または終了する場合がございます。予めご了承ください!

H27・4月よりコースローテーションが変更となります。受付・NEW⇔OLD間の送迎はすべて
NEWコースクラブハウスにて行いますのでご来場される際はNEWコースへお越しいただきますよう
お願い申し上げます。

OLDコーススタートはスタート時間の20分前に送迎バスが出発しますのでご来場時間にご注意ください。

コースローテーション
月曜日 IN⇔OLD
火曜日 OUT⇔IN
水曜日 OUT⇒IN:IN⇒OLD:OLD⇒OUT
木曜日 OUT⇔IN
金曜日 OUT⇔OLD
土日祝日 OUT⇒IN:IN⇒OLD:OLD⇒OUT

<キャディ>
 
 ●当クラブはセルフプレーとなります。
 ●キャディご希望の場合はクラブまでお問合せ下さい。

 キャディフィ4B:3,240円 3B:4,320円 2B:6,480円

【クラブからのお願い】
・御予約者は、同伴される方のご登録をお願いします。
・天候によりご連絡をする場合がございますので必ず携帯電話番号お知らせ下さい。

アクセス

〒324-0024 栃木県大田原市福原2002 (☎:0287-28-1191)
東北自動車道 矢板 (20km以内)

地図アプリ起動

3 Comment

  1. 初めてNewコースでプレーしました。当日はアイアンの調子が悪くバンカーの洗礼を受けまくり、ここ一年で「あっ」を1番多く言ってしまいました。まだまだ未熟者のわたくしには、しこたま練習してリベンジします。

  2. 攻めのゴルフが楽しめるコースです!

  3. 12月6日に、ニューセントアンドリュースを廻らせていただきました。オールドコースからのスタートで、幸い天候にも恵まれ(適度に晴れており、風の影響も少なかった)、楽しく(?)プレイできました。とは言え、コースとグリーンのアンジュレイションはかなり厳しく、自分のゴルフ技術の拙さを、これでもかと思い知らされました。セントアンドリュースを名乗るだけあり、バンカーも効いていて、ショットの確実性が問われるコースだと思います。今回は、完璧に跳ね返されてしまいましたが、何度でも挑戦させていただきたいと思います。矢板ICからもやや距離があり、決して近いコースではありませんが、それを補って余りあるコースでした。帰りにバナナをいただけたのも、嬉しかったです。すごいぞセントアンドリュース!